大阪府豊中市の皮膚科 すすむ皮フ科クリニック 【皮膚科・アレルギー科・形成外科・巻き爪・シミの治療他】
ホーム > 診療のご案内

診療のご案内

■ 診療科目

・皮膚科
・アレルギー科
・形成外科


■ 専門とする治療

<アトピー性皮膚炎、湿疹>
スキンケアから、かゆみのコントロールまで、生活習慣指導も含めて、総合的な治療、アドバイスを致します。
<陥入爪(巻き爪)>
爪の変形、陥入が強いと、歩行のたびに痛みを感じて、かなりのストレスになると共に、爪の周囲の炎症の難治化の原因にもなり得ます。当院では、人工爪や弾性ワイヤー、フェノール法などの治療の他に、VHO式矯正法による巻き爪治療も行っています。
<足、爪の白癬>
いわゆる水虫は、爪の変形の原因にもなり得ます。
爪の状態により、内服薬も含めた治療法を行います。
<ダーモスコピー>
皮膚表面に生じる色素斑は、時として悪性である場合もあり得ます。今までは、視診と、皮膚を切除して組織を検査する、皮膚生検と呼ばれる検査が主でした。ダーモスコピーは皮膚直下の色素斑の鑑別に威力を発揮し、色素沈着のパターンで、良、悪性を推定する保険適応の診断法です。
<ハイドロキノンやトレチノイン、ビタミンCなどの外用剤によるしみの治療>
年齢を重ねるとどうしても気になるのが、お肌の色素沈着(一般的にいわれる「しみ」)です。ひとことで「しみ」といっても、「肝斑」や「老人性の色素斑」など、様々な種類の色素沈着があります。当クリニックでは、ハイドロキノンやトレチノイン、ビタミンCなどの外用剤を組み合わせた「しみ」の治療を行っています。
※詳細については、お気軽にお問い合わせ下さい。しみの治療は自費診療となります。


すすむ皮フ科クリニック
〒561-0804 大阪府豊中市曽根南町1-5-13 2F
06-6862-4112